もしあの時、違う道を選んでいたら

天使のくれた時間

「もしあの時、違う道を選んでいたら?」

あなたはいつの戻りますか?

人生で戻れる事が出来るなら

唯一、学生時代に戻り

部活を真面目にやれば良かったです。

小学校までは本当に朝から晩まで野球をやってました。

野球でいかに活躍できるのかそれが人生の全てでした。

もし野球部が坊主でなければ

野球部に入り頑張っていたでしょう

私自身

現在 振り返ればこうしていたらよかったという

後悔がないことが幸せですね。

幸せって

人それぞれだなと感じる素敵な映画でした。

imgres-2

『天使のくれた時間』

2000年製作のアメリカ映画。『ラッシュアワー』のブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」という人生において誰もが一度は心に抱くことをテーマに描いたファンタジー映画。

ストーリー
13年前、「ロンドン行きは考え直して」と反対する恋人のケイト(ティア・レオーニ)と別れ、仕事で成功するためにロンドン留学に旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。その結果、13年後のジャックは、ニューヨークウォール街で成功し、大手金融会社社長として優雅な独身生活を満喫している人物となっていた。クリスマスイヴを一人で過ごす彼は、立ち寄ったスーパーで不思議な黒人青年と出会う。その夜、豪華な高層マンションの自宅で眠りに入った彼は、翌朝起きると、自分が見知らぬ庶民的な家のベッドにいることに気付く。隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、そして2人の子供までがいた。ジャックは留学を中止して、そのままケイトと結婚していたという、家族のいる庶民的な「もうひとつの人生」を経験していくことになる。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。ポチッとお願いいたします。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中